岩手県沿岸知的障害児施設組合 はまゆり学園 公式ホームページ

 運営方針

 学園では、明るく・楽しく・安心して利用できる施設の構築を目指し、はまゆり学園長期運営プランに掲げる三つの基本理念の実現に努めてまいります。
 また、個別支援計画に基づき、個々のニーズに最大限対応できるよう努めるとともに、健康と安全対策、人権擁護とサービスの質の向上を推進していきます。



1.すべての子どもが、その持てる能力や可能性を伸ばしていけるよう支援
 をすること。

2.住みなれた地域の中で、必要かつ十分なサービスを受けられる体制を築
 くこと。

3.一人ひとりの子どもの意思を尊厳し、安心して生活ができる環境を整え
 ること。


 規律ある日常生活を通して、健康、情操、生産、言語及び数量の生活的基礎知識の習得に重点をおいて支援します。

   ① 歩く力、走る力をつけさせる
   ② 体調に注意する
   ③ 事故を防ぐ
   ④ 監視を怠らない

   ① 仲良く生活させる
   ② 考える習慣を身につけさせる
   ③ 自信をもたせる
   ④ 独立心をもたせ、社会適応力を身につけさせる

   ① 基本的生活習慣の自立を支援する
   ② 危険度の理解や衛生面での確保に努める

   ① 家族の絆を深め社会参加を促進するため、週末帰宅を奨励する
   ② より多くの社会参加の機会を提供する

 学園では、利用者の人格および意思を尊厳し、権利擁護の充実を図ることで、利用者が『はまゆり学園を利用してよかった』と、満足して次のステップに進むことができるよう、次のとおり職員行動規範を掲げ、利用者が主体となった支援・援助に努めます。

1.利用者の安全と健康に留意した支援に努めます。

2.利用者の意思・個性を尊重した支援に努めます。

3.利用者が安心して生活できる環境の確保に努めます。

4.利用者が希望する社会参加を積極的に援助します。

5.テレビ・新聞・雑誌など情報の提供を行います。

6.利用者に対する体罰をしません。

7.利用者に対し、威圧的態度をとったり、一方的な強制・制限は
 しません。

8.利用者に対し、呼び捨てはせず年齢にあった呼び方をします。

9.利用者のプライバシーを守ります。

10.積極的に研修等に参加し、サービスの向上に努めます。


白ツツジの花弁白ツツジ