【青学】黒田朝日の父の経歴がすごい!高校や大学で日本一になっていた!

Advertisements

青山学院大学のルーキー黒田朝日選手が『新・駅伝男』と命名され話題となっていますね。

そんな黒田朝日選手のお父様の高校や大学での経歴がすごいと話題になっているのはご存知でしょうか。

今回は、黒田朝日選手の父の高校時代や大学時代の陸上選手としての活躍歴を調査してまとめてみました。

スポンサード

黒田朝日の父の経歴がすごい

【画像引用元:8OHK

朝日選手のお父様・将由(まさよし)さんのプロフィールを見てみましょう。

名前黒田 将由 (くろだ まさよし)
生年月日1981年11月22日 (42歳:2024年1月現在)
出身岡山県
学歴長船中学校、玉野光南高校、法政大学
職歴中国電力

黒田朝日選手のお父様・将由(まさよし)さんは、元法政大学の駅伝ランナーとして活躍していました。

法政大学は、陸上に限らず剣道などスポーツや武道で優秀な成績を収めた者が入学できるスポーツ推薦枠があります。

例えば、全国大会でベスト4、国体など全国レベルでの大会でどれほどの成績を納めたか、、、更に、基準の内申を満たしている優秀な学生を対象としているもの。

黒田朝日選手のお父様は、高校時代も県でNo.1と言われている陸上強豪校で活躍、更に、法政大学の陸上部で活躍していたということから、高校時代から相当すごいランナーだったことがわかります。

黒田朝日父の高校や大学での活躍歴は日本一

調査したところ、黒田朝日選手のお父様・将由(まさよし)さんは、岡山県の玉野光南高校で活躍していた選手でした。

玉野光南高校といえば、岡山県内で陸上部がNo.1に強い高校。

高校1年生時の国体3,000mでは、上級生を抑え3位入賞!

しかも、陸上は高校に入学してから始めたのだとか。高校で陸上部に入り、いきなり国体で3位ですよ!

さらに、高校3年生時のインターハイ3,000mで優勝して日本一に輝いています。

これは、将由さんの大学時代の写真(右)。朝日選手とよく似ていますよね。

これらのことから、高校在学中には大学側からのスカウトが相当来ていたと予想できます。

その中で名門法政大学に進学。大学では1年生から箱根駅伝の選手に選抜されています。

そして、箱根駅伝大会へ出場する選手として選抜されるのでさえ難しい中、成績も収めています。

西暦年齢大学何年生大会名成績
2000191年生箱根駅伝1区3位
2001202年生箱根駅伝1区6位
2002213年生箱根駅伝3区4位
スポンサード

まとめ

今回は、『黒田朝日の父の経歴がすごい!高校で日本一になっていた!大学での活躍歴も』と題して、エリート陸上一家である黒田朝日選手のお父様についてご紹介させていただきました。

迫る来月の2024年箱根駅伝で、7年ぶりに優勝を果たせるか!本当に頑張ってほしいですね!!

中継でお父様も映し出されるといいな、、、と願っているのですが、今や朝日選手と同じくらい注目を浴びている黒田父からも目が離せませんね!

記事内容には、誤りの無いよう注意をはらっておりますが、万が一、内容に誤りなどがございましたら、何なりとお知らせください。お詫びし、至急訂正させていただきます。

スポンサード
タイトルとURLをコピーしました