谷保恵美のかわいい若い頃の写真と苦労話!実家が会社経営のお嬢様だった!

Advertisements

※本サイトはアフィリエイトを利用しています。

千葉ロッテマリーンズの場内アナウンサーとして活躍しておられた谷保恵美さんが今季限りで卒業というニュースが飛び込んできてびっくりしましたよね。会場で聞けるユニークなアナウンスを楽しみにしていたファンも多かったのではないでしょうか。

そんな谷保恵美さんのかわいい若い頃の写真と育った実家が会社経営で実はお金持ちのお嬢様だった件をまとめています。

谷保恵美さんのかわいい若い頃の写真と苦労話

今もお綺麗ですが、若い頃はもっとお綺麗でした。球団アナウンサーを夢見て10球団以上へ売り込みの電話をしたという行動派だったといいます。

そんな行動派な谷保さんですが、長いアナウンサー生活の中で苦労した話も語っていらっしゃいました。

それは、トイレ。

どんなに試合が延長戦で長引いても、イニング間も席に座っていないといけなかったことに加えて、「飲みすぎてトイレが近くなっても困る、おなかを壊しても困るから食べるものには気を付けていた。」と語っておられました。

そういえば、看護師さんやコールセンターのオペレーターなどは膀胱炎になる人の割合が多いと聞いたことがあります。

長きにわたるアナウンサー生活の中で、名物アナウンスの陰にそんな大変なことがあったのですね。

実家が会社経営のお嬢様だった!

谷保恵美さんのご実家は、お菓子卸売の会社で『谷保製菓株式会社』創業88年という老舗。

帯広に本社を置き、北海道内に4つの支社を持つ大手。

今や、谷保さんの弟さんが取締役を務めていて地域に密着した地元で愛されているお菓子の会社。

ロッテ、明治、ブルボン、グリコなど大手お菓子企業との取引きもある地元では有名な会社です。

会社の場所を調べてみました。谷保さんのご自宅もこの近くにあるのかな?

スポンサード

まとめ

谷保さんの卒業に関しては少し寂しい気もしますが、また違う舞台で美声が聞けることを願うファンも多いと思います。

谷保恵美さんの本も売れ始めているそうなので、ご興味ある方は是非チェックしてみてくださいね!

スポンサード
タイトルとURLをコピーしました