安原太陽の進路 実業団はどこ?入社企業の年収はどのくらい?

Advertisements

駒澤大学で活躍中の安原太陽選手の活躍に注目が集まっていますよね。

そんな安原太陽選手も4年生ということで、進路先の実業団はどのなのか気になっている駅伝ファンは多いのではないでしょうか。

入社予定の企業での年収がどのくらいあるのか調査し情報をまとめてみました。

スポンサード

安原太陽の進路先 実業団はどこ?

安原太陽さんの進路先企業は、花王です。

花王の陸上部は、東京都世田谷区を拠点とする歴史と伝統を有するチームで、ニューイヤー駅伝の出場回数は59回を超える老舗名門実業団として名が知れていますよね。

安原太陽の進路先の年収を調査

安原太陽選手の1年目の年収は、おそらく337万円ほど。

これは、花王が公表している大学新卒の1年目の年収です。しかし、これには冬のボーナスが含まれていないため、2年目はボーナス額が337万円に加わった額となります[税金など細かい計算は除く]。

花王の平均年収は、729万円

ここから、陸上選手として企業に入社した場合の収入の仕組みについて紹介します。

陸上に限らず、バレーや剣道など、スポーツや武道で活躍して成績を残した優秀な学生は、安原太陽選手のように企業の実業団に引き抜かれることになります。

企業の陸上選手は、

✔ 『実業団の陸上選手』

✔ 『プロの陸上選手』

の2パターンに分かれます。

一つ目の『実業団の陸上選手』ですが、“社員選手“と“契約社員選手“とのわかれています。

殆どの選手は、“社員選手“として企業に入社をして、一般社員と同じように給料をもらう仕組み。

もう一つの“契約社員選手“は、社員として働くことはなく、陸上選手としての活動が中心となります。

陸上をリタイヤした場合、もしくは万が一の怪我などで陸上が続けられなくなった場合のことを考え、日本のほとんどの選手は“社員選手“として入社をしています。

実業団の“社員選手“の主な収入源は、

✔ 社員としてもらう給料
✔ 試合で入賞した時の賞金
✔ イベントなどへの出演料

となります。

まとめ

今回は、『安原太陽の進路 実業団はどこ?入社企業の年収はどのくらい?』と題してご紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか。

この度の駒澤大学4連覇に大きく貢献した安原太陽選手!今後も活躍必至な安原太陽選手から目が離せませんね(^_-)-☆

スポンサード
タイトルとURLをコピーしました